その他: iphoneチャレンジライフハック

ブログを引っ越しました。 新しい記事を更新していますので、ぜひ一度ご覧ください。 Lifehackuma.com

2012年05月07日

Clip to Evernote 真田幸村に会えた!!上田真田祭りに日帰りで行ってみた

DSC01578.jpg


上田は映画「サマーウォーズ」で有名になった街です。

そして上田と言えばもう一つ真田幸村で有名な真田氏の本拠地でもあります。
ということで急遽「上田市真田祭り」を見に日帰り旅行を敢行してきました。

新幹線で約1時間30分ほどで到着。
駅前から早速真田幸村公の銅像がお出迎え。
DSC_0148.jpg


見渡すとそこら中真田の旗印の六文銭だらけ。
気合いの入れようが伺えます。
マンホールにも六文銭。六連銭とも言うんだとか。
DSC01571.jpg


コンビニにも真田のシルエット。
DSC01574.jpg


まずは真田祭り開会式会場へ
今年は上田城公園の門の前だそうで。
DSC01619.jpg

ところがこの日はかなり晴れて暑い暑い!!
ブルーシートで2時間待つことになり、場所だけ抑えて
喫煙所へ避難。

やっと始まったー!!と思ったのもつかの間
あれ、前が全然見えない・・・。

300mmズームでがんばってこの程度しか撮れない。
DSC_0259.jpg

門にいたる前の橋が演舞の舞台になっているんですが、その正面には
傘をかぶった来賓が左端を占領。
そして真ん中にはテレビカメラ。

普通に見えるはずのシート席で演者の頭しか見えないという
すさまじい状態に。

さらに武者たちが通る道にも規制をしないものだから見物客が
群がり、後ろのシート席の人がまったく見えない自体に発展。

「見えねーぞー!!」
「座れ!!」
等の怒号が飛び交うカオスな状態での観覧でした。

これは舞台となる場所のチョイス、観客の配置や警備の段取りで
なんとかなりそうな問題だっただけに残念です。

獅子舞ちゃんと見たかったなぁ。

その後は武者たちが市街地へ出陣。

幸村公役のおもてなし武将の方です。女性の幸村公って新鮮。
演技がお上手でした。
DSC_0348.jpg


商店街の交差点のど真ん中を徳川軍と真田軍が舞台仕立てのチャンバラを行います。
舞台は上田市内のメイン道路を封鎖して行うので迫力は満点。


おぉぉ!!幸村ちゃんが目線くれました!!
DSC01701.jpg


交差点のど真ん中の舞台で旗ふりの演舞?が始まります。
これがなかなか迫力があってかっこいい。
DSC01714.jpg


DSC01715.jpg


真田軍VS徳川軍の戦いが始まります。
DSC01731.jpg


真田十勇士の面々。
DSC_0509.jpg


気合いの入った兵士。
DSC_0524.jpg


兄と弟の戦い。
DSC01747.jpg


真田&徳川総出で勝ちどきをあげます!!
DSC01757.jpg


その後は、上田名物だという美味やきとりのお店へ。
美味やきとりというのはやきとりににんにくのすり下ろしで作ったタレを
つけたものらしく、上田市内には何十年も続く美味やきとりのお店があるんだそうですよ。
その中から「がんちゃん」というお店に行ってみることにしました。
IMG_3377.jpg


「がんちゃん」のおやじさんもおかみさんもとっても気さくで、
常連のおじさんも話しかけてきてくれたりしてとても雰囲気がいい。
何見て店に来たの?とか、
焼き鳥のこだわりなんかを教えてくれました。

地方にくるとこういう触れ合いがあるのがいいです。

このお店のウリはレバーだそうで、
レバーは串にさすと身が崩れるからスライスして提供されているそうです。
これがまたレアな焼き加減と美味ダレの相乗効果でビールが合う合う!!
IMG_3378.jpg


焼き鳥というと甘めのタレか塩が東京では一般的ですが、
ニンニクダレもこれはこれであり。
ほんとに美味いので上田に行ったら是非ご賞味あれ。
IMG_3379.jpg


長野へ日帰りは初でしたが、
美味いものも食べられたし、滅多に見られない街をあげてのチャンバラ合戦が楽しめたので
温泉は入れませんでしたがかなり堪能。
帰りの新幹線はぐっすり寝てしまいました。



タグ:旅行記
posted by くま at 21:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

Clip to Evernote 東京スカイツリーの東京ソラマチの出店店舗発表

012年5月22日に開業する東京スカイツリーがある押上は
実家があるので今でもよく行きます。
タワーまでだいたい300から400mぐらい。
タワーの迫力はすごく感じる場所です。

東京ソラマチ - 310の多彩な店舗が織りなす、新しい下町




5月の開業に向けて東京ソラマチの出店店舗も発表されました。
ロフトなんかも入っていたり、
僕の好きなクアアイナなんかも入っていたりと総数で312店舗だとか!

何もない押上地区にこれからどんどん人が来る町に変わっていくんでしょうね。
先日も業平橋駅が東京スカイツリー駅に駅名変更があったりしましたが。
こうやって新しい町になっていくのは嬉しいようなさびしいような。

スカイツリー公式じゃないけどおしなりくんもよろしくね!

おしなり商店街振興組合 oshinari.jp

posted by くま at 11:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

Clip to Evernote あげるあげる詐欺に遭遇した話

a1180_000756_m.jpg

人に道を聞かれれば立ち止まって必ず教えます。
韓国の人が話しかければ身振り手振りで教えますし、
それが車中からでも道を聞かれれば立ち止まるのですが・・・。

先日、日本橋を仕事に帰りに歩いていると後ろから声が。
道を聞かれるんだと思い、もちろん立ち止まりました。

男「すいませーん」

男「道を聞きたいわけじゃないんですけど」

こうやって呼び止められ、
男「これ、持って帰れないんで、ただで貰ってくれません?」

おもむろにケースに時計を見せられて、
男「これ10万円位するんだけどタダであげますよ」

車から顔をだした兄ちゃんはマサ斉藤を若くしたようなクマずらの男
僕もクマと呼ばれるがもうちょい可愛いげがあります。

人相わるいかんじの男がいきなり高級腕時計をあげますって
どう考えてもおかしいじゃん!!

私「いや、いりません。」

男「いや、タダであげるんだよ?」

私「いいです。」

男「貰ってくれなきゃ捨てるだけなんだけど」

私「いや、ほんとにいいですから」

そう言うと立ち去ってしまいました。

つーかそんなに高級なら質屋にでも行けよとか思ったら、
ジワジワと違和感が湧き上がってきて、
以前ネットでこんな話を読んだような気がしたので、
その場で「車 時計 あげる」でググるとやっぱり。

『あげるあげる詐欺』『時計あげる詐欺』『時計詐欺』
などの名前で色々出てきました。

お〜〜!!あれは詐欺だったのか!
どうも怪しい感じはしたけど。

でも「時計タダであげるよ」と言われ、実際貰ったところで
そこからどう詐欺に結びつくのか。

手口はこういう事らしい。

展示会などで時計が余った。
持って帰ると怒られるのでタダで人にあげようという事になった。
ただであげますよ。

高級腕時計で○○万円はするよ。

そこで受け取ろうとすると、
これから飲みに行くので飲み代だけもらえないか。

飲み代くらいならいいかと払ってしまう。

でも時計はバッタもん。1個何百円がいいところ。

この手口で5万円くらい払ってしまった人もいるらしい。

詐欺ってそもそも人を欺くわけだから心理的に巧妙だったりするんだけど、
よくよく考えるとこの「時計あげる詐欺」も人の心理を利用してて、
結構巧妙だなぁと思ってしまった。

普通なら高級なものをましてや知らない人から貰うっていうのは
罪悪感がありますよね。
それを飲み代カンパしてくれといわれれば、それぐらいならと
罪悪感を払拭するために払っちゃいますよね。
そこらへんの心理を突く手法。

仮に詐欺だなんだと突っ込まれても、飲み代の話をしなければ
本当に人に時計をあげるだけの人ですからね。
なんとでも言い繕えますし、車なんで立ち去れちゃうしね。

でも、かなりセコイですよそれ。
だまされる率にもよるでしょうが。
なんか小遣い稼ぎ程度にやってるのかなぁ。
しょーもな。

子供の頃よく親に、
「知らない人に着いて行ったり、物をもらっちゃだめ」
とよく言われていたものですが、
大人になってこのしつけが活きてくるとは思いませんでしたわ。

Twitterでこの話をつぶやいたところ、知人が船橋でも同じ経験をした
というので範囲は広そうです。
その他、千代田区や中央区などにも出没するという話もネットで
出ています。

もし車中から話しかけられたのに道を聞かれなかったら、
要注意かも。
posted by くま at 11:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新記事
関連記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。