ユネスコ世界遺産の金色堂を見てきたひとり旅 平泉 毛越寺〜中尊寺: iphoneチャレンジライフハック

ブログを引っ越しました。 新しい記事を更新していますので、ぜひ一度ご覧ください。 Lifehackuma.com

2012年08月08日

Clip to Evernote ユネスコ世界遺産の金色堂を見てきたひとり旅 平泉 毛越寺〜中尊寺

DSC03609.jpg


盛岡で中学の同窓会を無事に済ませ、
メタボリックな体型へ成長を遂げた同級生が思いのほか少ないのに
驚愕した有意義な時間の後、
この後はどうすっかなぁと駅前のサウナの休憩室で
地元ローカルのニュースをみながら考えてました。

せっかく新幹線使ってはるばる岩手までやってきたので
元を取る気まんまん、仙台寄って牛タンを食らうか、
宇都宮で降りて餃子食い尽くすか。
どこへ行こうとも食い物発信の脳みそにいい加減別れを告げたいのです。
次の同窓会はぜひとも「変わりすぎて誰だかわからない」などと、
そんなの自分が一番よくわかっているようなことを言われたくないのです。
痩せねば。

てことで食欲は盛岡じゃじゃ麺で完結させまして、
腹ではなく目を肥やそうと思い立ったわけです。
となると帰りの道中に寄り道しやすい平泉の世界遺産、
金色堂なんてスポットがあるじゃないですか!

盛岡で元祖じゃじゃ麺を食わずしてどうする!! 白龍カワトク分店 盛岡: iphoneチャレンジライフハック



一ノ関なら新幹線途中で降りれば行けるし、そのあとの電車も
2駅程度。非常に行きやすいのであります。

一ノ関までは非常にスムーズに到着し、
そのままローカル線に。
ところがここで一時間近く待つことに。
まぁ待つのも旅だよね。
DSC03526.jpg


ボタン式の乗降なんて久々に見たな。
高校生のころは市内に行く電車に乗るのに1時間くらいは余裕で、
友達とくっちゃべってればあっという間だったけど、
一人旅で1時間はきついです。
電男でもないのに暇なので電車を撮ってみたり
売店で買った南部せんべいを貪り食ったり。
DSC03532.jpg


そんなこんなで平泉まで。
この時すでに時間は15時。

駅前にはレンタサイクルなんかもあり、
観光スポットは意外に狭い範囲にあることを知る。
でも、方向音痴だしぃ〜暑いし〜・・・
おとなしく周遊バスへ。
DSC03533.jpg


まずは毛越寺へ。
お寺さんですが、浄土庭園がきれいなんだとか。
DSC03543.jpg

植えられた木の年季の入りようや、池の周りの景色は
なかなかのもの。曇りじゃなければもっと緑が鮮やかに
撮れたのかなぁ。
DSC03567.jpg


DSC03569.jpg


咲いてる花も東京じゃみかけないようなやたらでかい百合とか、
そういえば藤原泰衡の首桶から見つかったという800年前の中尊寺ハスもちょうど見ごろだったのか
大きな花を咲かせていました。
DSC03562.jpg


DSC03551.jpg



中尊寺ハス




奥の細道で有名な松尾芭蕉の呼んだ句の碑もありました。
限定された場所に色んな景色を盛り込んだ箱庭的な楽しさがある場所でした。
DSC03576.jpg

早々に毛越寺参りを済ませたところで本命の中尊寺へ。
またバスで向かいます。

なんかちょっとした山登りをすることになるらしく。
メタボも長年やってますと体力なんてないですから、
少しでも温存しとかないとね。

月見坂から出発し、数百年は経とうかという木々の山道を黙々と
登っていきます。
DSC03578.jpg

途中途中には武蔵坊弁慶を祭ったお堂や目にいいお堂など
山の中に小さな社やお堂があります。
霊山って感じなんですかねぇ。
高尾山こないだ登ったけど非常に雰囲気が近い。
DSC03582.jpg


DSC03603.jpg


DSC03623.jpg


DSC03596.jpg


しばらく山を登っていくと金色堂への案内が出てきた!!
DSC03625.jpg

チケットを買うと国宝展示のスペースと金色堂の両方が見れるそうで、
まずは国宝を見てみました。讃衡蔵という展示室になってます。
中には螺鈿細工のものや仏像、金色堂の模型などが展示されています。
何がどうすごいとか細かいことはわかりませんが、
仏像なんかは年季と迫力が違うのはわかります。

螺鈿細工なんかも装飾のやたら細かいこと。
職人芸ってやつですが日本人のこういう気質って
こんな大昔から根っこは変わらないんだねぇ。

いよいよ金色堂へ。
前を歩く関西弁の観光客に混じりながら
金色堂へ向かいます。
残念ながら撮影禁止なのでリンク貼っときます。



金色堂 | 関山 中尊寺




外からは全く見えない金色堂に徐々にテンションアップなのか山道を
登ってきたせいなのかは不明ですが心臓が動悸してきた〜〜!!

そして金色堂とご対面!!
正面に如来像、柱には夜行貝の螺鈿がちりばめられ、
屋根以外はすべて金で覆われています。
藤原1〜4代(3代まではご遺体、4代は首級)が安置されているそう。

初めて世界文化遺産というものを目の当たりにしましたが
確かにすごい。
お堂っていうより完全に大きな美術品といういでたち。
こんなものがその昔どういう風にこの山の中であったのか
想像もつかないけど、よくよく見ると相当ポップだよなぁ。
螺鈿といい金といい派手だけど崇高な雰囲気で。
こんなデザイン現代人には想像もつかないだろうし。

しばし鑑賞の後、来た道を早歩きで降りました。

平泉はこの他、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山などなど
見るべき世界遺産群があるわけです。
この後は何を見ようかなぁなんてことを考えながら
バス停に向かうと、もうバスがない・・・。

16時半ぐらいで巡回バスの運行が終わっちゃってるというハプニング。
MAPで現在地確認すると歩けなくもなさそうなので
平泉駅までとぼとぼ歩いて帰ることに。
あぁ・・・無計画のあだがこんなところで。
結局回れたのは2か所だけというなんとも中途半端な結果でしたが
それでも金色堂はしっかり見たので良いかなぁと自分に言い聞かせて、
平泉を後にしたのでした。
DSC03635.jpg


平泉ではかなり歩いたのでちょっと体重減ってた。

おまけ
平泉駅で見たチラシ。
こんなとこにも萌えキャラですか。
DSC03632.jpg

タグ:旅行記
posted by くま at 12:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最新記事
関連記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。